欲しいものをお祝いにもらうとメリット大!トヨトミの除湿器、湿気の多い社宅で長く大切に使用中

私が結婚したのは、2006年、当時32歳の時でした。

私と夫は遠距離恋愛。

双方のゲストを呼んで結婚式をすることが難しく、写真だけの結婚式を行いました。

写真だけの結婚式

昔からある福島県の写真館で執り行いました。

遠距離恋愛は約6年間続きました。

が、何となく結婚するという話が出てからは周りには徐々に結婚するということを伝えていきました。

そして私の仕事の引継ぎなどをすべて終えてから、彼の住むところに引越しをしました。

結婚するだろうという話が出てから、転居するまで約2年かかりました。

叔母から結婚祝いは、トヨトミの除湿器

結婚祝いをくれた叔母は、私の母の妹です。

当時58歳でした。

おばさんもまた他県に住んでいましたね。

ただ地元にずっと住んでいて結婚したうちの母と比べて、他県にお嫁に行く大変さを叔母は知っていました。

なので、私のことを大変心配していました。

そして相談にものってくれました。

直接叔母と会うのは、お盆と正月くらいでしたが、メールでのやり取りは頻繁に行っていました。

結婚祝いにいただいたものは、トヨトミの除湿器です。

価格は約2万円くらいです。

結婚祝いをもらったのは新居に移ってから

どのタイミングがいいかは、事前に叔母から聞いていました。

なので、新居に行って落ち着いてからといいました。

そのため実際には結婚をしてから3か月目にもらいました。

私は夫が働く地に転居し、そのまま夫が住んでいた社宅に入りました。

なんだか湿気も多く、壁紙がかびているのも気になるところが。

そのため除湿器をもらって本当にうれしかったです。

現在も使用中です。

叔母への結婚内祝い

除湿器は決して安いものではありませんし、お返しはしなければと思いながら、何にしようか迷っていました。

そのため時期は少し遅くなりましたが、時期が限られたその土地の特産品、果実を送ることにしました。

これから結婚祝いを贈る方へ

私の場合は、事前に何がいいのか聞いてもらえました。

これから結婚祝いを送ろうと思っている人は、まずどんなものがいいのか聞いたほうがいいかもしれません。

親から、友人から結婚祝いにもらうものもあるでしょう。

また使用するものにはこだわりたいから自分で購入したいという人もいます。

そのためまずは聞いてから購入を決めたほうがいいと思います。

  

トヨトミ デシカント式除湿器 (除湿量8L/日) ホワイト TD-Z80J(W)

新品価格
¥18,000から
(2022/9/13 10:57時点)

広告
 
広告