結婚祝いにはティファールの調理セットをいただきました

2008年10月4日に結婚式しました。

勤めていた会社の同じ部署の方たちから、何かお祝いしたいけど、リクエストある?と聞かれました。

そこで、欲しかった調理器具をリクエストすることにしました。

結婚祝いは、ティファールのインジニオ・フライパンセットと圧力鍋

同じ部署の方は、20代から40代のかた13名ほどです。

いただいたのは、ティファールのインジニオ・フライパンセットとティファールの圧力鍋です。

 

寿退社でしたので、送別会のときにみんなの前でいただきました。

 

リクエストしたのは、ティファールのフライパンセットだけでした。

が、私が玄米を食べるのが好きだと知っている同僚が圧力鍋もつけたらと言ってくれたようでした。

フライパンが1万円、圧力鍋が1万5000円位

フライパンが1万円、圧力鍋が1万5000円位だと思います。

 

フライパンは、取っ手のとれるタイプで収納に便利です。

サイズの違うフライパンが3つと、サイズの違う鍋が2つ。

ガラス製の鍋ぶたが2枚とタッパーのような鍋ぶたが2枚、取っ手が2本ありました。

 

ティファールのフライパンはテフロン加工がしっかりされています。

そして、フライパン中心に調理快適温度になると色が変わるマークがついているので、料理初心者の私にはとても便利なものでした。

 

また、圧力鍋というと料理上手な人が使う調理器具というイメージがあります。

が、ティファールの圧力鍋はワンタッチ開閉でとても簡単に料理ができます。

圧力鍋のおかげで、玄米や煮込みハンバーグ、カレーの下ごしらえ、豚の角煮などが作れて、とても助かっています。

圧力鍋とティファールの鍋は今でも使えています。

ちゃんとしたブランドのものなので、圧力鍋とティファールの鍋は今でも使えています。

フライパンは、使いすぎたので買い換えました。

フライパンセットは誰に送っても喜ばれる品だと思います。

圧力鍋は、使う人と使えない人がいるかもしれません。

 

お返しは、一人ひとりにハンカチを包装して渡し、皆さんで食べてくださいと、新婚旅行でハワイに行ったときのお土産を渡しました。

広告
 
広告